News

HOME > 新着情報 > 次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画について

2021.06.28

PR

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画について

ロングライフホールディング株式会社は、令和3年7月1日から令和5年10月31日までの一般事業主行動計画を策定し、次世代育成支援対策推進法第12条 第1項又は第4項の規定に基づき、大阪労働局へ届け出を行いました。

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、
すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、添付のとおり行動計画を策定いたしました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ロングライフホールディング株式会社

次世代育成支援対策推進法に基づく行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

 

1.計画期間   2021年7月1日~2023年10月31日までの約2年4か月

2.内容

目標1:仕事と育児を両立する社員が、ワークライフバランスを取りながら、キャリアを積み重ねることができるための職場環境づくり

 <対策>

●2021年  7月~ 「育児と仕事の両立」についての座談会を開催、男性の育児休業についても情報を配信

●2021年  7月~ 育児休暇から職場復帰の制度についての見直しを行う

育休ライフサポーター制度の導入を検討

●2021年  11月~ 制度のブラッシュアップや、新制度の導入

社内報等で情報を発信

 

 

目標2:職員全員が年次有給休暇を計画的に取得する

<対策>

●2021年  7月~ 「有給取得予定・取得済確認表」をグーグルスプレッドシートで集約し、 他の社員の取得状況を見える化し、把握する

●2021年  7月~ 毎月のコンプライアンス委員会で、取得状況を確認して、

取得が進んでいない人には取得を促し、有給休暇を取りやすい職場環境つくりを実践する

 

 

目標3:所定外労働時間を短縮する取り組みとして、定時(18時)退勤を徹底する

<対策>

 ●2021年  7月~ 残業についての意識確認の説明会を定期的に行う

 やむおえず残業が発生する場合、15時に上長に残業を申請する

 社内報等で情報を発信

 ●2021年  7月~ 社員全員に業務改善提案を募集し、選抜した案を採用して実施す

 る。

 社内報等で情報を発信

 ●2021年  7月~ 退勤時に総務マネージャーからの声掛け、朝礼や各部署のミーティ

 ングで定時退社を伝える

 社内掲示物での掲示